骨格矯正とカイロプラクティック(手技療法)



ブラジルでは2016年8月にリオ五輪開催を控えており、渡航した人が日本に持ち込むことにより、国内でのジカ熱流行が危惧されている。 同委員会は蚊が活動する季節ではないことから、感染拡大の危険は極めて低いとしている。 この感染症はアフリカからアジアにかけての赤道付近の限られた緯度の範囲で1950年代から知られており、ジカ熱と呼ばれる。 ジカウイルス(英: Zika virus)は、フラビウイルス科に属する+鎖のRNAウイルスの1種である。 2014年に太平洋をまたいでフランス領ポリネシアとイースター島に、また2015年には南米、中米、カリブ諸国へと西に感染が広がり、シンガポールにまで及んだため、一部でパンデミックと見られている。 中国国家衛生・計画出産委員会は9日、南米ベネズエラを旅行し帰国した江西省の男性がジカ熱に感染したと明らかにした。 ベネズエラ滞在中から発熱などの症状があり、香港や広東省深セン市を経由して5日に地元に戻ったが、6日から隔離治療を受けていた。 1947年、ウガンダにあるジカ森(英語版)のアカゲザルから初めて分離された。 中国でジカ熱の感染が確認されたのは初めて。
1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったという。 これまでの最多襲撃記録は2000年の88件だった。 これは過去10年間の平均的な数字だった。 また昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、海を訪れる人の数も多かったとされる。 海水温の上昇と海を訪れた人が増えたことが原因と考えられるという。 サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。 バージス氏によると、襲撃件数の増加は、気候変動に起因する海水温上昇で、サメの行動範囲が南北ともにさらに広がったことが原因の可能性があるという。 米国での襲撃件数のうち、30件は南東部のフロリダ(Florida)州で発生していたが、死亡事故が起きたのはハワイ(Hawaii)州だけだった。 世界中に約500種が存在する。 米国の大学が9日、明らかにした。 2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、過去最高となった。 発生件数を国別でみると、米国が最多の59件を数え、オーストラリアの18件と南アフリカの8件がそれに次いでいる。 世界中の海洋に広く分布し、一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。 鰓裂が下面に開くエイとは区別される。 また、深海性のサメも知られている。
世界保健機関による定義は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」となっている。 そのため、少子化を食い止める手厚い補助が検討されてきた。 所得制限はする予定だが、県では来年度予算案に数千万円規模の費用を計上する方針だ。 ただ、和歌山県の今の出生数は1970年代の第2次ベビーブーム時の4割程度しかなく、2000年には全国平均より早く65歳以上が21%を超える超高齢社会になった。 不妊(ふにん)とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指す。 男性の不妊症については「男性不妊症」または「性機能障害」を参照。 WHO、日本産科婦人科学会ともに、「1年以内に妊娠に至れない状態」と定義している。 昨年4月で96万6千人の人口が、60年には50万人に減ると予測されている。 この項では主に女性の不妊症について述べる。 さらに、治療を受ける人が住む市町村がそれぞれ2割程度を助成して、最終的に3割程度の負担になるようにする。 県の新たな制度案では、2回目以降の治療で、従来の上限15万円に上乗せし、治療を受ける人の負担が半額程度になるよう県単独で助成。 自治体が上限15万円までを助成し、1月には国の方針で初めての治療に限り上限が30万円に引き上げられた。 アメリカ生殖医学会も患者向けガイドラインの中で「1年以上」としており、さらに「もしあなたが35歳以上であるならば、6か月以上避妊せずに性交しても妊娠が起きなければ医学的な検査を始めるべきだ」と推奨している。 なお、妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もある。
 研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。 日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。 本来、日本に多いジェノタイプCのB型肝炎ウイルスは、成人してからの感染では、キャリア化することはまれであったことから、ジェノタイプAのB型肝炎ウイルス感染の拡大には、警戒が必要である。 虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。 ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。 なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。 そのうち10%が肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌に進行する。 しかし、95%は自然治癒する。 国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。 このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。 虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。 したがって、キャリアのうち5%が慢性肝疾患になる。 しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。 1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。 S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。 磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 近年、日本ではあまり見られなかったジェノタイプA(北米、欧州、アフリカ中部に多く分布する)のB型肝炎ウイルス感染が広がりつつある。 B型肝炎(Bがたかんえん、英: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。 虫歯菌の別名でも有名。 ジェノタイプAのB型肝炎ウイルスに感染した場合、その10%前後が持続感染状態(キャリア化)に陥る。








カイロプラクティック

「カイロプラクティック」 Chiropractic は、1895年米国の「ダニエル・デビッド・パーマー」によって体系づけられた手技療法です。

カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造られた言葉です。

世界保健機関では補完代替医療として位置づけている。

発明国のアメリカや、イギリス、カナダ、ヨーロッパ諸国などの一部の国(およそ40か国)において、主に筋肉、骨格の障害を扱う背骨ヘルスケア専門職として法制化されています。

世界保健機関(WHO)の定義は、「筋肉骨格系障害とそれがおよぼす健康全般への影響を診断・治療・予防をする専門家であります。

治療として手による背骨矯正あるいは背骨マニピュレーションを特徴とし、特に背骨のわずかの歪みに注目している」。

但しカイロプラクティック(脊椎矯正法)の定義は、様々な団体教育機関によって異なるケースも多い。

また、中には苦痛の元が背骨などの(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)にあると考え、その歪み(サブラクセーション)により正すことで苦痛施術することが「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 と解釈する人がいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です