手技療法と脊椎・骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



2017年の実施を目指す。 男女雇用機会均等法と育児・介護休業法を改正し、相談窓口の設置や上司の研修などの具体策を指針で示す。 また、正社員に比べて立場の弱い非正規社員を守るため、派遣元だけでなく、実質的な職場である派遣先の企業にも防止策を義務づける。 現行法は、マタハラの禁止を明記しているが、企業に防止策を義務付けていない。 来年の通常国会に提出する予定の改正案では、産休や育休を取得する社員に対し、上司や同僚が退職を勧めたり、人事考課で評価を下げたりしないよう、企業に対策を立てさせる。 厚生労働省は、妊娠や出産を理由とした職場での不利益な取り扱い(マタニティー・ハラスメント)の防止策を企業に義務付ける方針を固めた。 厚労省が9~10月に行った調査でも、妊娠した派遣社員が、派遣先で「迷惑だ」「辞めたら?」などと言われる実態が明らかになった。  25日の労働政策審議会分科会で明らかにした。

判決は、同社の当時の関連会社が架空売り上げを計上し、虚偽の業績を公表したと認定。 ライブドア(解散)事件で株価が暴落して損害を受けたとして、元株主の男性が、堀江貴文元社長(43)ら当時の幹部8人に計約1億7000万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(倉地真寿美裁判長)は25日、堀江氏ら4人に計7800万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 しかし同年1月、同社が強制捜査を受けて株価が暴落した。 堀江氏らについて「虚偽の認識があり、取締役としての任務を怠った」と判断した。 今回の判決で賠償を命じられた4人以外の4人とは、既に計450万円を支払う内容で和解が成立している。 判決によると、男性は2005年12月~06年1月、ライブドア株計25万株を約1億8200万円で購入。

井上氏は税財政全体で検討すべきだと主張して折り合わず、協議を続けることを確認した。  焦点となっている軽減税率の対象品目をめぐり、自民党は4千億円の枠内に収まる生鮮食品を軸に調整する考えだが、公明党はさらに財源が必要な加工食品まで含めるよう求めており、平行線が続いている。 自公両党はこの日、週内に与党協議を開き、複数税率での取引に対応する経理方式に関して宮沢、斉藤両氏が手がけた素案を提示することを決めた。 自民党の谷垣禎一幹事長は25日、公明党の井上義久幹事長と都内で会談し、平成29年4月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率について、社会保障と税の一体改革の枠内の財源(4千億円)で議論するという安倍晋三首相の意向を伝えた。 会談には自民党の宮沢洋一、公明党の斉藤鉄夫両税制調査会長も同席した。

開票は12月6日で、民主党との統一会派のあり方や、党分裂の収拾策などを巡り論戦が交わされる。 ただ、分裂に伴う混乱の影響で今回の代表選は注目度も低く、党再生はおぼつかない。 何とか自分の手で仕上げたい」 小野氏「野党再編の中で『維新の党、ここにあり』と主軸になれるようにしたい」 立候補届け出後の記者会見で、両氏は野党再編への意気込みを語った。 松野、小野両氏は、単独での党勢拡大は困難とみて、野党再編に活路を見いだしたいとの考えでは一致している。 松野氏「年内に100人規模の新党か、政治グループを作る。 しかし、10月の党分裂で共産党(衆参32人)を下回る26人にまで落ち込んだ。 維新は最近まで、衆参両院で51人と民主党に次ぐ野党第2党の座にあった。 維新の党の代表選が24日告示され、松野頼久代表と小野次郎総務会長の2氏が立候補した。




東京電力と有線放送大手のUSENは25日、法人向け電力販売で業務提携すると発表した。 電力小売りが全面自由化される来年4月から、USENが全国の飲食店などに提供する音楽配信サービスと電気をセットにした割安販売を行う。 既に電力小売りが自由化されている大口顧客については、一部で試験的にサービスを始めている。 東電の供給エリアに加え、中部、関西でも販売していく。 東電の法人向けウェブサイトでのサービス提供も検討する。





ブログ
ブログ
カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です