「カイロプラクティック」知ってる?

画像カイロプラクティック

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は、1895年米国のD.D.パーマー によって発明された手技療法です。

カイロプラクティックの名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造語。

世界保健機関WHOでは補完代替医療に位置づけています。

発祥国の米国や、ヨーロッパなどの一部の国(およそ40か国)において主に筋骨格系の障害を取り扱う筋肉骨格系ヘルスケアの専門家として法制化されている。

WHOの定義は「筋肉骨格系の障害とそれがあたえる健康への影響を診断、治療、予防をする専門職です。

治療方法は手技によるアジャストメントあるいは背骨マニピュレーションを特色とし特にサブラクセーションに注目している」。

但しカイロプラクティック(Chiropractic) の定義は、いろいろな協会や学校で違っているケースも多い。

また、疾病症状原因が脊椎などの関節の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)にあると考え、その亜脱臼(サブラクセーション)を手技により正しい位置に矯正することで苦痛を施術することが「カイロプラクティック」 Chiropractic だと解釈する方がいます。 整体

整体について知ってみよう



整体(せいたい)は日本では主に手技を用いた民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を指す言葉です。

カイロプラクティック

また体を整える治療法(ちりょうほう)全てに対してもちいられる言葉。 Blog


整体(せいたい)を知ろう!

整体(せいたい)を知ろう!



日本語として大正時代に使用され始めた用語で、アメリカで生まれた手技療法・整骨医学を整体(せいたい)と言い換えたのが始まりだと思われます。

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう



今現在、一般的にもちいられる意味では、カイロプラクティック(脊椎矯正術)に似ている脊椎矯矯正法(主に脊椎)を目的とした療法を指してもちいられることが多い。 Blog


「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう

「整体」について考えよう



脊椎・骨盤・上肢・下肢など、肉体全体の骨格や関節の歪みの調整、骨格筋の調整などを、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と調整器具で行う技術およびその方法を示しているという人もいるが統一された体系は無い。 Blog


「整体(せいたい)」について知ってみよう



徒手的療法により色々な病態を治癒させることを目指す施術法はマニピュレーションと総称されるが、この代表といえるのが「カイロプラクティック」 Chiropractic ・オステオパシー (Osteopathy)です。 自然治癒力を高めることと手技が施術の中心であるという共通点があるが、セラピー哲学や着手の方法は異なります。 Blog


整体(せいたい)を知ろう!

整体(せいたい)を知ろう!



どちらも19世紀にアメリカ(米国)で体系づけられた治療法です。 カイロプラクティック 「Chiropractic」 は背骨の椎間のサブラクセーション(亜脱臼、不全脱臼)を手技により調整(アジャストメント)して、肉体を改善しようとする施術方法(せじゅつほうほう)。 カイロプラクティック。 オステオパシーは身体の構造の異常は血液・リンパ液などの循環に悪い効果を及ぼし、神経の伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を阻害すると考え、背骨だけでなくすべての筋肉や骨格構造、内臓、頭蓋骨が施術方法の対象となります。

カイロプラクティック

脳脊髄液(のうせきずいえき)の循環の改善やリンパ液の流れの回復も目的としています。 カイロプラクティック(脊椎矯正法)又はオステオパシーの理論・技術は、整体(せいたい)や指圧といった日本の手技治療に大きな影響を与えました。 カイロプラクティック

整体(せいたい)を知ろう!

整体(せいたい)を知ろう!



整体には決められた方法は無く、行う人によって施術することは違います。 大正の頃に日本に伝えられたオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(脊椎矯正法)などの西洋伝来の矯正法を中心とする整体(せいたい)、日本武術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法などの流派に伝わる手技を使った整体、中国医学の手技を使った整体(せいたい)、団体の独自の施術方法などを加えた整体などが存在するといわれています。 カイロプラクティック

整体(せいたい)について…



民間療法で、医療の制度から見れば代替医療の一つであるが、保険適用外であるため、一般医療と共に一般医療の現場で補助療法として行われることはない。 法律からは医業類似行為の一つとされます。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法(せいたいほう)」「整体療法」 ともいわれています静岡県浜松市南区のカイロプラクティック明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎指圧療法)、「オステオパシー」、光線療法、電気治療などの手段で保険治病の目的で業となす行為を「療術」と言いますが、整体(せいたい)もこの一つとされた 。

整体って何?

整体って何?

整体って何?

整体って何?



整体は、論理・技術が統一されていない為、整体を冠する療法家それぞれが独自の説を展開している。

整体(せいたい)



カイロプラクティック(脊椎指圧療法)の様な「科学的」・「物理的」施術と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で一般的に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の寄せ集めとなっている。

「整体(せいたい)」って何?

「整体(せいたい)」って何?



肉体の各関節(脊柱(せきちゅう)・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と骨格筋のアンバランスの補正などを主に手足による矯正(矯正器具を使う場合も)でする施術である。



腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰部(ようぶ)に疼き炎症などを生ずる病態を指す一般的に使用される語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域によって学会の方針文化や生活様式生活様式生活様式生活様式や仕来たり仕来たり仕来たり仕来たりが違っていてもが違っていてもが違っていてもが違っていても腰の疾患腰の疾患腰の疾患腰の疾患の発症の比率は発症の比率は発症の比率は発症の比率はだいたい同じ同じ同じ同じである。
世界保健機関世界保健機関世界保健機関世界保健機関の報告書報告書報告書は、以下のように以下のように以下のように記載されている記載されている記載されている。
「腰部の病気腰部の病気腰部の病気の発症の頻度や有病割合は、おのおのの土地おのおのの土地おのおのの土地の至る所でおおよそ同じである同じである。
腰部の疾病腰部の疾病は、仕事を休む仕事を休む要因要因のナンバーワン」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の症状の苦痛の原因は、普段の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの発言以降、欧州では仕事中・家事などの予防対策が行われている。

神経学的診察神経学的診察神経学的診察
背骨背骨背骨、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が仮定仮定仮定できたときは神経学の検査神経学の検査神経学の検査の知識を使用して使用して解剖学的な判断解剖学的な判断やレントゲン・CT・MRIを実施する実施する必要性が必要性があります。
下肢へ広がる疼痛広がる疼痛が現れているケースでは、椎間板の障害の疑いがでてくる。 椎間板病変は90パーセントくらいがL4/L5椎間板か腰椎5番・仙骨1番椎間板に発症するとされている。
背骨・脊髄の解剖的な特性から腰椎4番・腰椎5番椎間板の障害原因ならL5だけの異常かL5とS1の症状が予想され、L5/S1椎間板の障害ならばS1だけの症状となり.ます。 異常神経根を発見するには反射、筋力、知覚らをテストするべきであります。
No.53
反射
膝蓋腱反射。 腰椎4番腰椎4番神経根が関係している関係している。
この神経がこの神経が機能の低下を起こせば機能の低下を起こせば腰椎4番神経腰椎4番神経障害を可能性を疑う可能性を疑う。
アキレス腱反射、仙骨1番神経根が関連している。 これが低下すればS1機能障害などを可能性を考慮する。
No.54
知覚知覚知覚知覚
腰椎4番腰椎4番腰椎4番腰椎4番:脛骨稜(スネ)の内側。
L5:脛骨脛骨脛骨脛骨(スネ)の外側。
第1指と第2指の間。
仙骨1番仙骨1番仙骨1番。 足裏足裏足裏、外踝外踝外踝の下。
No.55
筋力筋力
L4、足首の関節足首の関節の内反と背屈。
腰椎5番、足趾の背屈。
S1。 足関節の外反と底屈、足趾底屈。
これらのような神経学的検査により解剖学診断をすることができます。 より定性的なテストとして神経根症状を見る誘発テストなども有効です。
もっとも使われているのがラセーグテスト(ストレート・レッグ・レイズ・テスト)とという検査方法であおむけで寝て膝関節を伸展した状態にして脚を挙上する。
お尻お尻~膝下に痛みを発症したら発症したら腰椎5番腰椎5番,S1の根症状が存在する根症状が存在するということになる。
挙上した脚の反対の方が痛みがでることがありクロスSLRといわれています。
FNSテストといわれているものもあり腹這の姿勢で膝を曲げて下肢をもち上げるテスト方法。
L3,腰椎4番の神経根が圧迫されていると大腿の前面に疼痛が出現する。
頭突キング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です